×

【府中牝馬S】アブレイズ 仕上がりは順調、陣営「1800mは勝っているし、いいはず」

[ 2021年10月13日 05:30 ]

坂路でキャンター調整するアブレイズ
Photo By 提供写真

 アブレイズは当舞台で行われた春のメイSの勝ち馬。前走のマーメイドSでは6着だったが、トップハンデ56キロを考えれば悪い内容ではなく、兼武助手は「伸びてはいるけどハンデの分はあったのかな。体も少し余裕があった」と振り返る。前走後は休養し、帰厩後は坂路で丹念に乗り込んできた。「順調に来ていますね。中間は動くのは動いている。1800メートルか2000メートルどっちがいいのか分からないが、1800メートルは勝っているし、いいはず」と期待を寄せていた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年10月13日のニュース