【マイルCS】パドックのツボ

[ 2020年11月22日 05:30 ]

 グランアレグリアは2歳時はテンションが高かったが、スプリンターズSは適度な気合乗りだった。体はボリュームが増し、たくましさを増した。阪神への輸送も今回が4回目。レース当日、極端に気合が入らなければ上々だ。サリオスの前走は10キロ増。力強い周回で春から一段とパワーアップした。大幅な増減がなければ問題なし。アドマイヤマーズの前走は多少緩く映った。数字以上にメリハリが利いた体になっていれば理想的。タイセイビジョンの前走は周回時からかなりイレ込んでいた。パドックは落ち着きに注目したい。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年11月22日のニュース