×

【府中牝馬S】戦い終えて

[ 2020年10月18日 05:30 ]

 ▼3着サムシングジャスト(松山)直線は内外で馬場の差がなかったので内を選択。こういう馬場は得意だし、いい脚を使ってくれた。

 ▼4着トロワゼトワル(安田隆師)よく頑張ってくれた。1800メートルは少し長いのかも。重馬場でもやれたがパンパンの良馬場の方がもっと走れる。

 ▼6着ダノンファンタジー(川田)具合は抜群に良かったですし、だからこそ不得意な馬場でも辛抱してこれだけ走り切ってくれたんだと思います。

 ▼7着シゲルピンクダイヤ(幸)レースはしやすかった。緩い馬場は得意ではないので、乾いた馬場ならもっとやれる。

 ▼8着フェアリーポルカ(和田竜)具合は良かったし道中のリズムも良かった。反応していたが、追いだしてから走りがバラバラになってしまった。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年10月18日のニュース