【秋華賞】ミスターX 道悪得意ウインマイティー◎ 叩かれて好気配漂う

[ 2020年10月18日 05:30 ]

 秋華賞(京都11R)はウインマイティーを本命にする。土曜は雨が降り続き、重馬場で開催。日曜は天気は回復するようだが芝はどこまで回復するか。寒くなり、急激な回復は見込めないとみて、道悪得意のゴールドシップ産駒の同馬を軸にしたい。

 オークスは13番人気の低評価を覆して、3着と好走。前走・紫苑Sでは出遅れて消化不良の6着。それでも、後方から上がり3Fメンバー最速の35秒0の脚で差を詰め、力は示した。叩かれたことで、上積みもあり、好気配が漂う。機動力が持ち味だけに、トリッキーコースの京都内回り2000メートルもこなせる。(5)から(2)(3)(7)(13)(16)。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年10月18日のニュース