【宝塚記念】傾向と対策

[ 2016年6月25日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(06年は京都)。

 ☆人気 1番人気【3・3・2・2】、2番人気【2・2・0・6】。近2年は荒れた決着になっているが、基本的に人気馬を信頼できる。

 ☆前走 V数トップの天皇賞・春【5・4・1・32】や2、3着2回ずつのヴィクトリアMなどG1出走馬が活躍している。また過去4年で見れば昨年の覇者ラブリーデイなど鳴尾記念組【1・2・1・6】の好走が目立つ。

 ☆年齢 4歳【5・2・5・32】、5歳【3・5・2・33】、6歳【2・2・2・21】、7歳以上【0・1・1・28】。4歳が優勢。

 結論 ◎キタサンブラック ○ドゥラメンテ ▲アンビシャス

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年6月25日のニュース