次走はドバイ!異色の“国際派”ステラウインドの挑戦

[ 2016年1月27日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=26日】火曜のトレセンは前の週に走った馬の取材も重要。勝因、敗因をしっかり把握しておくことは今後につながるからだ。24日のAJC杯は9着に終わったステラウインド。「道中でハミが抜けちゃうようなところがあったのがね」と振り返る尾関師の言葉に耳を傾けていた岡本は、次走の予定がドバイと聞いて正直驚いた。

 ドバイミーティング(3月26日、メイダン)の前哨戦(3月5日)であるドバイシティオブゴールドかジェベルハッタが候補。UAEダービー出走を表明しているラニ(牡3=松永幹)と現地で合流する予定だという。「本番も見据えているが日本での実績では選ばれないだろうから、結果を出さないと」と師。4歳時にはキズナと共にフランス遠征を経験した馬が今度は7歳でドバイヘ。異色の“国際派”の飽くなき挑戦に注目だ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年1月27日のニュース