深谷知広 快勝で11度目G3制覇「倉茂記念杯」決勝

[ 2016年1月20日 19:27 ]

 競輪の大宮開設67周年記念の倉茂記念杯(G3)最終日は20日、埼玉県の大宮競輪場で決勝(2025メートル、4周)を行い、深谷知広(愛知)が2分58秒5(上がり14秒6)で勝ち、昨年12月の伊東温泉記念に続く記念優勝を飾り、11度目のG3制覇を果たした。

 レースは残り1周半すぎから桜井正孝(宮城)が先行。6番手を追走した深谷が残り半周から豪快にまくり、直線も力強く伸びて快勝した。浅井康太(三重)が2着、林巨人(愛知)が3着と中部勢が上位を独占。地元期待の平原康多(埼玉)は4着だった。

 払戻金は車連単が(7)―(1)で1020円、3連単は(7)―(1)―(9)で3010円だった。

 深谷知広の話 4車で連携できてラインのおかげです。すごくうれしい。浅井さんが後ろだったので責任があり、下手なレースはできないと思った。まくれる自信はありました。3日間先行してきたのが決勝で生きた。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年1月20日のニュース