【中日新聞杯】圧巻伸び!ディサイファ 完勝で重賞2勝目

[ 2015年3月15日 05:30 ]

直線抜け出し中日新聞杯を制したディサイファ(左は2着のデウスウルト)

 「第51回中日新聞杯」は、最内枠からロスなく運んだディサイファが差し切り勝ち。昨年のエプソムCに続く重賞2勝目を挙げた。名手・四位が4角まで内ぴったりにエスコート。中団でしっかり脚をため最後の直線だけ外に持ち出されると圧巻の伸び。最後はデウスウルトに1馬身1/4差をつける完勝だった。

 四位は「1番枠はエプソムCと同じだから縁起がいいと思っていたんだ。しかも開幕馬場だからね。思い通りに運べた」としてやったりだ。関東馬ながら、素質にほれ込んで下級条件時からコンビを組んできた。昨秋はG1の壁にはね返されたが「今年こそ頑張りたい」と決意を新たにする。中山でレースを見届けた小島太師は「賞金加算できたのは大きいし、選択肢が広がった」とさらなる活躍を期待した。

 ◆ディサイファ 父ディープインパクト 母ミズナ(母の父ドバイミレニアム)牡6歳 美浦・小島太厩舎所属 馬主・H・H・シェイク・モハメド氏 生産者・北海道日高町ダーレー・ジャパン・ファーム 戦績27戦7勝 総獲得賞金2億1221万6000円。

続きを表示

この記事のフォト

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2015年3月15日のニュース