侍・井端監督 12球団視察を神宮からスタート ヤクルト・村上に「国際経験豊富。常に注目している」

[ 2024年5月28日 17:57 ]

<ヤ・ロ>試合前、視察に訪れた井端侍ジャパン監督。右は吉井監督(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・井端弘和監督(49)が28日、11月の国際大会「プレミア12」に向けた12球団視察をスタートした。

 初日は、神宮で開催するヤクルト―ロッテ戦を訪問。「ペナントレースが終わって、その後にプレミアがありますので、それに向けてまずはごあいさつというところに来ました」と説明した。

 3月の欧州代表との強化試合にも出場したヤクルト・村上について「常に注目しています。国際試合の経験豊富ですし、オリンピック、WBCと優勝を経験している。チームを引っ張っていってほしい存在」と改めて主軸として期待を寄せた。

 またロッテの注目選手には、佐々木、種市、岡、和田の名前を挙げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月28日のニュース