魔裟斗&武蔵 RENAと5年ぶり再戦の山本美憂に言及、武蔵「学ぶ姿勢が衰えない」

[ 2021年11月19日 07:00 ]

武蔵(左)と魔裟斗(右)
Photo By スポニチ

 元K―1世界王者でタレントの魔裟斗(42)と元K―1選手の武蔵(49)が18日、両者のYouTubeチャンネル「魔裟斗&武蔵チャンネルムサマサ!」を更新。20日に沖縄で開催する「Yogibo presents RIZIN.32」のメインイベントでRENA(30=シーザージム)と5年ぶりに再戦する山本美憂(47=KRAZY BEE/SPIKE22)について言及した。

 山本は16年9月の「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント開幕戦」で総合格闘技デビュー。デビュー戦の相手がRENAだった。試合はRENAがフロントチョークで一本勝ちしており、それ以来5年2カ月ぶりの再戦で山本にとってはリベンジマッチとなる。

 動画内では「“正直すぎる”ムサマサ格闘技ニュース」という企画で取り扱ったRIZIN沖縄大会。魔裟斗は「あの試合からもう5年もたつの!?」と時の速さに驚いた。武蔵は山本のまだ学び続けようとしている向上心に感心し「学ぼうという姿勢が衰えない。俺もKRAZY BEE(総合格闘技ジム)にちょこちょこ行って練習したりとかしてるんやけど、こないだも沖縄大会に向けて一生懸命に練習をやってたよ」とひたむきぶりを報告した。さらに「息子のアーセンがお母さん(美憂)のセコンドについて練習も全面サポートですよ。KIDもそうだけど、すごい一族やなと思うよね」と改めて山本一家の凄さを感じていた。5年前のリベンジを誓う山本へ武蔵は「この試合は勝ちたいんじゃない」とメッセージを送った。

 魔裟斗は「なんでこの年まで続けられるのか不思議じゃないですか。レスリングで世界チャンピオンになっても戦いたいんでしょうね」と話すと武蔵は「山本美憂ってプロになってから大きなタイトル獲ってないでしょ。プロでも何かやったという功績がほしいんじゃない」と予想した。最後に魔裟斗は「きっと楽しいんでしょうね。じゃなかったらやらないですよね」とこのテーマを締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月19日のニュース