未練なし 五輪2大会連続出場の成松 引退理由は「コンディション維持難しい」

[ 2021年10月21日 05:30 ]

オンラインで記者会見を開いたボクシング男子の成松大介=20日
Photo By 共同

 ボクシング男子で五輪2大会連続出場の成松大介(31=自衛隊)が20日、オンラインで引退会見を開き「高いレベルのコンディション維持が難しくなった」と理由を説明した。

 額の陥没骨折で無念の2回戦棄権となった東京五輪後に決断したと明かし、「未練は全くない。自分の力を出せた」とサバサバした表情。今後は未定で「指導者の勉強もしたいし、運営や普及にも興味がある」と話すにとどめた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月21日のニュース