うっ血性心不全の天龍源一郎が退院 肉声でファンに感謝「プロレス楽しもうぜ!エイエイオー!」

[ 2021年4月29日 17:59 ]

天龍源一郎
Photo By スポニチ

 うっ血性心不全のため入院していた元プロレスラーの天龍源一郎(71)が28日、公式サイトで退院を発表。29日にプレミアム音声サービス「NowVoice」で現状を報告し、ファンの応援に感謝した。

 独特の低いかすれ声で「やっと無事に退院することができました。入院中は皆さんからの激励の言葉、本当にありがとうございました」と感謝を述べ、「これからは会場で皆さんからもらった声援をお返しする番だと思っています。会場で会えることを楽しみにしています」とファンに報告。最後に「プロレスを楽しもうぜ!エイエイオー!」と意気込んだ様子で声を上げた。

 天龍は先月22日にブログで「3月初旬より動悸、足の浮腫み、息切れなどの体調不良が見受けられたため検査いたしましたところ『うっ血性心不全』の診断が下され、3月19日より入院をしております」と発表。

 今月28日に公式サイトで「本日無事に退院の運びとなりましたことをお知らせ申し上げます」と退院を報告し、「主治医より、本人の回復も良く、今後は通院と自宅療養で経過を見て参ります。徐々にではありますが、本人の体調を考慮しながらお仕事も再開させて頂きます。ご迷惑をお掛け致しました皆様には深くお詫びを申し上げますと共に、今後も引き続きよろしくお願いいたします」と状況を説明している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月29日のニュース