拳四朗、8戦連続防衛へ「声も出ないぐらいの強さ見せたい」

[ 2021年4月23日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   寺地拳四朗―久田哲也 ( 2021年4月24日    エディオンアリーナ大阪 )

<WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ>調印式、記者会見に臨んだ王者・寺地拳四朗(左)と挑戦者の久田哲也 
Photo By スポニチ

 調印式と記者会見、予備検診が22日、大阪市内で行われ、王者・寺地は挑戦者の久田も新型コロナも“完封”する意気込みを口にした。コロナ下での興行は拍手のみの応援で声援禁止。緊急事態宣言の発令も迫る中、寺地は「お客さんには声を出さへんとかを守ってもらい、僕は最高のパフォーマンスを見せる。皆さんが声も出ないぐらいの強さを見せたい」と力を込めた。

 現役最長の7連続防衛中の安定王者。V8戦は本来なら昨年12月に計画されていたが、飲酒による不祥事で延期。寺地にとっては“みそぎ”の一戦であり、具志堅用高の持つ13連続防衛の日本記録更新に向けて再スタートでもある。

 1年4カ月ぶりのリングとなるが「いつも通りの戦いができれば問題ない」と自信は揺るがない。だからこそ最終調整は久田対策ではなく自分の状態を上げることに重点を置いた。勝利こそが支えてくれた人たちへ一番の恩返しとなることも自覚。「圧倒的な強さで勝つ。それだけです」と表情を引き締めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月23日のニュース