久田 2度目の世界挑戦、亡き恩師にベルトを「気持ちが大事」

[ 2021年3月9日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   同級1位・久田哲也(ハラダ)《12回戦》王者・寺地拳四朗(BMB) ( 2021年4月24日    エディオンアリーナ大阪 )

4・24に対戦が決定した寺地拳四朗(左)と久田哲也                            
Photo By スポニチ

 久田は2度目の世界挑戦に特別な思いで挑む。昨年12月21日にジムの先代の原田実雄会長が死去。「世界王者になる姿を見せることができず、悔いが残る。気持ちが大事だということを学びました」と語気を強めた。

 19年10月にWBA同級スーパー王者・京口紘人に判定負けして以来の世界戦。「待たされた分、年を取ったが、しっかり準備して勝つ確率は上がった」。プロ47戦目を迎える苦労人が亡き恩師にベルトをささげる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月9日のニュース