日本バンタム級王者・鈴木悠介 網膜剥離で王座返上&引退

[ 2021年1月26日 14:33 ]

 プロボクシングの日本バンタム級王者・鈴木悠介(32=三迫)が王座を返上し、現役を引退した。25日付で日本ボクシングコミッションに王座返上と引退届けを提出した。右目の網膜剥離(はくり)が理由という。

 鈴木はマチュアで78戦54勝24敗の成績を残し、2012年10月プロデビュー。19年7月に斎藤裕太(花形)に判定勝ちして日本王座に就いた。昨年4月に初防衛戦を予定していたが、コロナ禍で延期となったいた。戦績は11勝(7KO)3敗。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年1月26日のニュース