新庄氏のRIZIN.参戦はトライアウト後に判断 元西武・相内氏は見送りへ

[ 2020年12月3日 05:30 ]

「RIZIN.26」 ( 2020年12月31日    さいたまスーパーアリーナ )

新庄剛志氏
Photo By スポニチ

 RIZINの榊原信行CEOは、オファーを出した新庄剛志氏(48)について、7日のプロ野球12球団合同トライアウトの結果で参戦するかどうかが決まると明かした。

 「(プロ野球に)返り咲いた上でRIZINに上がるのが格好いいというのが彼の美学」と説明。チームが決まらない場合、参戦は見込めないとした。

 今季限りでプロ野球を引退した西武の元投手、相内誠氏(26)は格闘家デビューを目指してトレーニングを続けているが、榊原CEOは年内の参戦には否定的だった。本人と対面したことを認めた上で「格闘家に向いている」と評価しながら「しかるべき準備が整ってからの方が彼のためにもいい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月3日のニュース