負けたら即引退の丸岡宣男が4回TKO勝ち「危機感が自分の力以上のものを発揮させてくれる」

[ 2020年9月24日 22:35 ]

 プロボクシング東日本新人王予選は24日、東京・後楽園ホールで8試合が行われ、スーパーフェザー級準々決勝で37歳の丸岡宣男(高崎)が千葉豪毅(30=横浜光)に4回2分33秒、TKO勝ちし、10月31日の準決勝に進出した。

 日本ボクシングコミッションの規定ではボクサーライセンスは37歳で失効となり、引退となるが、トーナメントを勝ち上がっている間は試合出場が認められる。千葉との一戦は判定までもつれたら微妙な展開だったが、「疲れはあったけど妥協して負けたら悔いが残る。大げさかもしれないけど命をかけて倒しにいきました」と執念で勝利をもぎ取った。

 「負けたら引退という危機感が練習でも試合でも自分の力以上のものを出させてくれている。プラスになっていると思います」

 準決勝ではこの日1回TKO勝ちしたドミニク謙心(20=リングサイドフィットネス)との対戦。「今のままでは勝てない。しっかり不安を取り除けるように練習します」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月24日のニュース