浦川、昨年の雪辱へ「気合入っている」東日本新人王予選 コロナ後、帝拳所属選手初の試合

[ 2020年9月24日 05:30 ]

<東日本新人王予選>前日計量をクリアした浦川大将(帝拳ジム提供)
Photo By 提供写真

 24日に東京・後楽園ホールで行われる東日本新人王予選には浦川大将(帝拳)が出場する。コロナ後、帝拳の所属選手が試合を行うのは初めて。

 先陣を切る浦川は「それは意識していないけど、気合は入っている」と闘志満々。昨年は準々決勝で敗退したが、名門ジムで腕を磨く23歳は「獲れる力は持っていると思うので、それをしっかり出すだけ」と自信を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年9月24日のニュース