「ザ・ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去 60歳 07年に佐々木健介とタッグ

[ 2020年9月24日 05:30 ]

現役時代のアニマル・ウォリアーさん(左)
Photo By スポニチ

 米国の元プロレスラーで日本でも活躍したタッグチーム「ザ・ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアー(本名ジョセフ・マイケル・ロウリネイティス)さんが死去したことが23日分かった。60歳だった。本人の公式ツイッターで発表された。死因などは明らかにされていないが、「家族が声明を発表する予定」としている。

 ウォリアーズは83年に結成され、85年に初来日。顔面の奇抜なペイント、派手なファッションと激しいファイトスタイルで日本でも人気を集めた。相棒のホークさんは03年に心臓発作のため46歳で死去したが、アニマルさんは07年にも来日。かつてホークさんとチームを組んだ「パワー・ウォリアー」こと佐々木健介と「ヘル・ウォリアーズ」を結成してリングに上がっていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月24日のニュース