井上尚弥、公開スパー急きょ中止 大橋会長「本人と相談して決めた」

[ 2020年2月28日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥
Photo By スポニチ

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26=大橋)は27日に予定していた報道陣への練習公開を急きょ取りやめた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての措置で、大橋秀行会長は「本人と相談して決めました」と説明した。

 4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者カシメロとの3団体統一戦を控えている井上は、26日に行われた俳優・藤原竜也との対談で「ぎりぎり、ナーバスにならない時期」と話していたが、この時期に体調を崩すことは絶対に避けなければならない。これまでも体調管理には細心の注意を払っており、ドネアとのWBSS決勝前には公開練習を冒頭10分間に限定したこともあった。今後について大橋会長は「状況を見ながら判断したい」とした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月28日のニュース