東洋太平洋スーパーウエルター級王者・渡部、2回KO防衛「夢はもちろん世界王者」

[ 2019年12月17日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーウエルター級タイトルマッチ   〇渡部あきのり KO2回1分46秒 シティデット・バンティ● ( 2019年12月16日    後楽園ホール )

2回KOで初防衛に成功し、リング上でインタビューに答える渡部あきのり
Photo By スポニチ

 渡部が一撃でバンティを沈め、8月に敵地・韓国で獲得したベルトを守った。

 プロ47戦目。「一番強い自分でリングに上がれた。経験が助けてくれたと思う」。序盤からガードを固めて前進する作戦を遂行、何発か被弾しながらも冷静さを失わず、ロープ際に追い詰めてアッパー気味の右ボディーを繰り出した。

 挑戦者に10カウントを聞かせた渡部は「34歳、これからというところを見せたい。目標というか、夢はもちろん世界王者」とぶち上げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月17日のニュース