村田から奪取!バトラー「準備できている」 不敵な挑戦者、公開練習も情報隠し徹底

[ 2019年12月17日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ    王者 村田諒太≪12回戦≫同級8位 スティーブン・バトラー ( 2019年12月23日    横浜アリーナ )

カメラマンに向かって舌を出しながらサンドバッグを打つバトラー
Photo By スポニチ

 王者・村田に挑戦するバトラーが16日、都内で公開練習を行った。シャドー、ミット打ち、サンドバッグ打ちを各2分×2ラウンド披露。「ベルトを奪う準備はできている」と自信を示した。ただ、力強い連打音から「BANG BANG」のニックネームを持つ挑戦者が、その片りんをのぞかせたのはサンドバッグ打ちのラスト10秒だけだった。

 今月8日に来日。「とても良い練習ができている。早めの来日は正解」と強調する一方で、この日まで練習場所として提供されている帝拳ジムには一度も姿を現さず、国内での練習場所も「プライベートだから」と回答を拒否。トレーナーのジャンフランソワ・バージェロン氏も「トレーニング内容や作戦はシークレットだ」と徹底して情報を隠した。

 帝拳ジム・浜田剛史代表によると「試合2週間前に来日してジムに来ない選手はいなかった」そうだが、「秘密なら秘密で構わない。今の時代は試合映像もありますから」と意に介していなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月17日のニュース