井上尚弥 次戦は「4月、ラスベガス」大橋会長明言

[ 2019年12月10日 05:30 ]

約1カ月ぶりにジムワークを再開した井上尚弥
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)制覇を果たしたWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26=大橋)が9日、約1カ月ぶりにジムワークを再開した。シャドーの後、4ラウンドのミット打ちを行った井上は「鈍かったですね」と苦笑いしながらも気持ち良さそうに汗を拭った。

 ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBSS決勝で眼窩(がんか)底など2カ所を骨折。「まだ触ると違和感はあるけど、回復は順調」で、今週中に再検査を受けて次戦に向けて本格始動する。

 大橋会長は次戦が「4月ぐらい。ラスベガスでほぼ確定している」と明かした。井上尚は「照準はカシメロ」と改めてWBO王者との統一戦を希望。「ドネアよりも危険。若いし、野獣性がある。いい意味でバカ。怖さを知らない」と分析し、「前半しのげば、メッキは剥がれる。どう削っていくか」と戦いをイメージした。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月10日のニュース