花形冴美 初防衛成功!ファン驚きリング上で「結婚します」宣言

[ 2019年9月12日 23:28 ]

<IBF女子世界アトム級タイトルマッチ>判定勝ちで初防衛を果たし、花形進会長(右)と記念撮影する花形冴美
Photo By スポニチ

 ボクシング女子ダブル世界戦は12日、東京・後楽園ホールで行われ、IBF女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦は王者・花形冴美(34=花形)が同級6位で元WBO同級王者・池山直(49=フュチュール)を2―1の判定で下し、初防衛に成功した。

 過去2度対戦し、2度とも引き分けた因縁の相手との3度目の激突はまたも接戦となり、採点は2人が96―94、1人が94―96と割れた。目指していた「明確な決着」とはいかなかったものの、花形は「一つの壁を越え、結果として勝てたので成長できたのかな」と喜んだ。

 さらにリング上から「女としての人生を歩みます。結婚します」と宣言。客席からは驚きの声と祝福の拍手がわき起こった。相手の男性について「年上ですね」「ボクシング関係者といえば関係者かな」とはぐらかし、結婚時期などに関しても詳細は明かさなかった。交際を始めたのは今年に入ってから。「山ちゃん(南海キャンディーズの山里亮太)並の短さ」とおどけ、「こんな自分でも世界チャンピオンになれて、結婚もできる。後輩たちに勇気を与えますよね」と胸を張った。

 結婚を機に引退も考えたそうだが、「自分が納得できる試合がしたい。自分の中ではもっと出来ると思っている部分がある。きょうの試合では満足できない」と続行を決意。ただ「子供もほしいので、長くてもあと2年。そこまで線引きして、もう少し自分を鍛えていきたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月12日のニュース