勅使川原、意地のTKO防衛 世界挑戦前進「次も全て懸けてKOで勝ちたい」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦   ○王者・勅使河原弘晶 TKO12回2分36秒 同級3位・大森将平● ( 2019年8月8日    東京・後楽園ホール )

<東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ>12回TKOで2度目の防衛に成功し、感極まる勅使河原弘晶(右)
Photo By スポニチ

 王者・勅使河原が意地のTKO勝ち。2度の神戸合宿で直接指導を受けた元世界3階級制覇王者・長谷川穂積氏もリングサイドで見守る中、最終12回2分すぎからの猛攻で大森を仕留めた。

 世界ランカー同士のサバイバル戦を制し、「この試合のために全てを懸けてきた。いろいろな人の応援があって勝てました」と感極まった。世界挑戦へ一歩前進し、「次も決められた試合に全てを懸けてKOで勝ちたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月9日のニュース