尚弥、11・7埼玉でWBSS決勝 ドネアと大一番「KOで勝って引導渡したい」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   WBA&IBF王者・井上尚弥《12回戦》WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン) ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

BRAUN新商品PR発表会にゲストとして出席したボクシングWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥
Photo By スポニチ

 井上尚弥とノニト・ドネアが激突するWBSS決勝が11月7日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが7日(日本時間8日)、WBSS公式サイトで発表された。

 この日、都内で行われた小型家電ブランド「ブラウン」の新商品PR発表会にゲストとして出席した井上は「日本のファンの前でやれることが最大のモチベーションになる」と国内開催を歓迎。同アリーナの収容人員はスタジアムモードで最大約3万6500人、アリーナモードでも約2万2500人と、井上にとって「過去一番大きなハコ」となる。「それを埋める責任感もある。でも、埋まったデカい会場で試合をするのは気持ちがいい」と言い切った。

 ボクシング界のけん引役の自覚もあり、5階級制覇のレジェンドとの大一番を「今後のボクシング界、若い選手の活躍の場をどうするのかも含めて大事な一戦」と位置付けた。世界が注目するモンスターは「自分が高校生の時から憧れていた選手。しっかりとした形、KOで勝って引導を渡したい」と力強く宣言した。 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月9日のニュース