石井慧“ビッグマウス”の真相をTV初告白 柔道引退後に「総合格闘技が一番強い」

[ 2019年7月27日 14:00 ]

総合格闘家の石井慧
Photo By スポニチ

 北京五輪柔道金メダリストで現在は総合格闘家の石井慧(32)が28日放送のTBS「消えた天才」(日曜後6・30)に出演。日本中を巻き込んだ騒動に発展した言動の真意をテレビ初告白する。

 08年の北京五輪、当時21歳の石井は、初のオリンピック出場にも関わらず圧倒的な強さで金メダルを獲得。だが金メダル獲得直後のインタビューで暴言を吐くなど、柔道家とは思えない言動で注目を集めた。

 さらにエスカレートした言動は連日メディアで取り上げられ批判が殺到。その言動は日本中を巻き込んだ騒動へと発展した。そして、金メダル獲得からわずか2カ月後に柔道を引退。「総合格闘技が一番強いと思っている」という発言を残し、格闘家に転向した。

 あれから11年。石井が当時の言動の真相をテレビ初告白する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月27日のニュース