パリクテ来が来日 井岡相手に余裕「自信100%」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦   同級1位 アストン・パリクテ 《12回戦》 同級2位・井岡 一翔 ( 2019年6月19日    幕張メッセ イベントホール )

成田空港に到着したアストン・パリクテ
Photo By スポニチ

 井岡と王座を争うパリクテがフィリピンから来日した。日本を訪れるのは初めてだが、海外での試合経験は豊富とあってリラックスムード。「コンディションはグッドだ。井岡に勝つ自信は100%」と言い放った。昨年大みそかに井岡を下して王者になったドニー・ニエテス(フィリピン)とは同9月に対戦して引き分けた。井岡戦に備えルソン島北部のバギオで約10週間の強化合宿を行ってきたというKO率75%の強打者は「KOで勝つだろう」と予告した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月12日のニュース