亀田いとこ京之介8強 ドローも優勢点

[ 2019年6月12日 05:30 ]

東日本新人王予選フェザー級4回戦   田京之介  引き分/け  牛島 龍吾 ( 2019年6月11日    後楽園ホール )

引き分けながら準々決勝へ進んだ亀田京之介は、観客席へ向かって吠える
Photo By スポニチ

 亀田3兄弟のいとこ、京之介が東日本新人王トーナメントで8強入りした。3戦全勝で優勝候補と目された牛島と打ち合いを演じ、3回にフックの連打で優位に立ちながらも採点は三者三様の引き分け。優勢点で準々決勝進出を決めた。プロ5戦目で3勝(2KO)1敗1分けとした亀田は「4回はカウンターを狙いすぎた。引き分けは悔しい。相手選手の分も優勝しないと」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月12日のニュース