堀口恭司 NY入り後初練習 夕食はデリで…減量も順調

[ 2019年6月12日 22:20 ]

 6月14日(日本時間15日)のベラトール世界バンタム級タイトルマッチ(マジソン・スクエア・ガーデン)に出場する堀口恭司(28)は11日(日本時間12日)、試合会場のあるニューヨーク入り後初練習を行った。

 対戦相手のベラトール王者ダリオン・コールドウェル(31)を想定し、体格や動きが似ている同僚のジョシュア・スミスが同行している。スミスを相手に約1時間、打撃、立ち技、寝技など動きを確かめながら汗を流した。

 9日のニューヨーク入り後は、計量へ向けた減量も本格的にスタートさせた。夕食はデリで野菜を中心に自ら選んで、ホテルの自室で食事。「体重を見ながら食べる量を決めるので、自分で選べるデリがいい」。減量過程もここまでは順調とうなずく。12日(同13日)に公開練習を行い、13日(同14日)が計量。万全の態勢を整えて臨む。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月12日のニュース