アントニオ猪木氏 参院選不出馬の意向明かす 高齢理由に

[ 2019年6月7日 11:56 ]

 国民民主党会派のアントニオ猪木参院議員(76)は7日、夏の参院選に出馬しない意向を明らかにした。国会内で記者団に立候補するかどうかを問われ「そのつもりはない」と述べた。「もうよぼよぼだ」とも語り、不出馬の理由に高齢であることを挙げた。

 猪木氏は長年、北朝鮮とスポーツ交流を続けており、国会議員としての立場にかかわらず日朝関係の改善に貢献したいとの意思も示した。

 猪木氏は現在2期目。1989年の参院選で、スポーツ平和党(当時)から立候補して初当選した。(共同)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月7日のニュース