ヘリング 亡き娘誕生日に涙の王座奪取「信じられない」

[ 2019年5月27日 05:30 ]

WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦   〇同級9位ジャメル・ヘリング 判定3-0 王者・伊藤雅雪● ( 2019年5月25日    米フロリダ州キシミー )

伊藤からベルトを奪ったヘリング(左)はWBC王者ベルチェルト(右)と一緒にインタビューを受ける(撮影・田中哲也通信員)
Photo By スポニチ

 勝者が告げられると、ヘリングは何度も「信じられない」の言葉を繰り返し、涙を流した。

 10年前のこの日に生まれた娘を、乳幼児突然死症候群(SIDS)のため生後2カ月で亡くした元海兵隊員にとって“特別な夜”の価値ある勝利。「このタイトルを娘アリヤナに、そして戦争で亡くなった友人たちにささげたい」と声を震わせた。王座獲得でWBC王者ベルチェルトとの統一戦も浮上。新王者は「やってもいいと思っている」と前向きだった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月27日のニュース