新設されるA級トーナメント戦2大会 優勝賞金100万円は寂しいが…

[ 2019年5月14日 08:15 ]

<日本フェザー級タイトルマッチ>1R、阿部(左)を攻める源
Photo By スポニチ

 ボクシング興行会社DANGANが先月、A級トーナメント戦2大会の新設を発表した。ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)と同じように8選手によるトーナメント戦だが、WBSSのように階級最強を決めるものではなく、日本ボクシング界の活性化が狙い。大会名は「山中慎介バンタム級トーナメント(仮)」「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント」とした。

 バンタム級と言えば、数多くの優れた日本人世界王者が誕生し、“黄金のバンタム”と呼ばれた階級。その代表的存在とも言えるのがWBC王者を12度防衛した山中慎介氏。現在は井上尚弥(大橋)がWBA王者に君臨しているが、それに続くような若手の台頭を期待しての新設。「はじめの一歩」は週刊少年マガジンで連載中の森川ジョージ氏による人気マンガで、主人公・幕之内一歩がフェザー級。このマンガを読んだことがきっかけでボクサーを目指したという選手も多く、冠をつけることで、より多くの人たちに興味を持ってもらうことが狙いだ。

 優勝賞金はどちらも100万円。ファイトマネーは別とは言え、3試合勝ち抜いてこの金額だと、「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」という企画もあるだけに、少し寂しい気もするが、その開催意義は比べものならない。

 その「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」の挑戦者決定トーナメントがあった5月1日、新元号「令和」初日に後楽園ホールでは日本フェザー級タイトルマッチが行われていた。昨年4月、母の一周忌に王座を獲得したドラマチックなファイター源大輝(ワタナベ)と「天才?」を自称するクールな挑戦者・阿部麗也(KG大和)の激突。結果は引き分けで王座防衛となったが、源が序盤に2度のダウンを奪い、中盤以降は阿部が猛反撃。拳だけでなく、それぞれの“生き様”までもぶつけ合うような戦いは見応え十分だった。こういう試合が繰り広げられたら、新設されるA級トーナメントも大いに盛り上がるだろう。

 「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」の挑戦者決定トーナメントは見ていないので、コメントは控えるが、挑戦者に決まった選手の1人がケガで欠場と何やら雲行きが怪しくなってきた。那須川本人は「もっと格闘技界を盛り上げたい」という志を持ち、そのために、こういう企画に協力したり、テレビのバラエティー番組に出演したりしていることは知っている。結果が全ての世界。その手段が正しいかどうかを議論しても意味はないだろう。ただ、格闘技を含めてスポーツは筋書きがないからこそ面白い。(記者コラム・大内 辰祐) 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月14日のニュース