尚弥 本格的スパーリング開始、ホープ相手に手応え

[ 2019年3月20日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ・バンタム級T準決勝兼WBA&IBF世界同級王座統一戦   WBA王者・井上尚弥《12回戦》IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ) ( 2019年5月18日    英グラスゴー・SSEハイドロ )

フィリピン人パートナーとのスパーリングを再開した井上尚弥(右)
Photo By スポニチ

 WBSS制覇を目指す井上尚はフィリピンから招いたパートナーと本格的なスパーリングをスタートさせた。

 WBOスーパーフライ級ユース王者でアマ経験も豊富なフィリピンのホープを相手に4ラウンドを消化。「右のカウンターが得意な選手でイメージしやすかった。いい動きができたと思う」と手応え。IBF王者ロドリゲスとの準決勝まで残り2カ月。4月上旬に走り込み合宿を行い、その後、総仕上げに入る。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月20日のニュース