V5なのにダイジェスト…拳四朗の誓い「テレビで知名度UPを」 特に出演したい番組は

[ 2019年2月20日 19:25 ]

地元・京都での祝勝会で花束を受け取り、笑顔の拳四朗    
Photo By スポニチ

 昨年12月にV5を達成したWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27=BMB)が20日、地元の京都に凱旋した。この日、京都市内で行われた祝勝会に出席。報道陣の取材にも応じ、トリプル世界戦で唯一、生中継がなかった悔しさをあらためてにじませた。

 「今年はテレビに出たいです。メーンで、テレビで(中継を)やってくれた方がいい」。テレビ出演のターゲットは試合中継以外にも拡大中。特にフジテレビ系の人気スポーツ情報バラエティー「ジャンクSPORTS」には「出たいです」と力を込めた。

 祝勝会では、後援会長があいさつで試合中継に触れ「ほんの数秒のダイジェストだった」と苦笑する場面もあった。それを受けて、拳四朗も「今年はテレビに出て知名度が上がるように頑張りたい」と、集まった約250人の出席者に誓っていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月20日のニュース