木村 現役続行を表明!王座再奪取へ意欲「どの階級でもいい」

[ 2019年2月20日 05:30 ]

現役続行の決意を発表し、王座返り咲きに意欲を示した前WBO世界フライ級王者・木村翔
Photo By スポニチ

 ボクシングの前WBO世界フライ級王者・木村翔(30=青木)が都内で会見し、現役続行を表明した。

 昨年9月に田中恒成(畑中)に敗れて王座陥落。試合後には引退をほのめかし、約2カ月ほど練習も休んでいた。木村は「負けてから応援してくれる人が増えたような気がする。もう一度自分を信じてみようと思った」と再起の理由を説明。青木ジムの有吉会長は「まだ伸びしろがあると思っている」と期待する。再起戦の詳細は未定だが、3月下旬に中国・上海が有力。今後は王座奪取に成功した中国を主戦場にすることも視野に入れる。木村は「もう一度、ベルトを巻きたい。フライ級がベストだけど、1階級上げても1階級下げても、どの階級でもいい」と王座再奪取に意欲を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月20日のニュース