【UFC】クロン、衝撃デビュー勝利!1Rわずか126秒で一本勝ち

[ 2019年2月18日 20:10 ]

 総合格闘技のUFCファイトナイトがアメリカのフェニックスで開催され、UFCデビュー戦となったヒクソン・グレイシーの息子クロン・グレイシー(30=ブラジル)が、アレックス・カサレス(30=アメリカ)からチョークスリーパーで勝利し、衝撃のUFCデビューを飾った。

 クロンは、2014年に韓国でMMAデビュー。その後2015年〜2016年には日本のRIZINにも出場し、全て一本勝ちを収めて無敗でUFCデビューとなった。

 試合は、1Rの開始50秒ほどでクロンが相手のバックを奪うとそのまま寝技の攻防に引きずり込んだ。その後すぐにチョークの体勢に入るとそのままチョークスリーパーを決めて、1R2分6秒で勝利した。今回の勝利で無敗記録を5に伸ばした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月18日のニュース