岩佐亮佑、フアレスともに前日計量パス IBF世界Sバンタム級挑戦者決定戦

[ 2019年2月16日 11:14 ]

再起戦に向けて気合十分で渡米した岩佐
Photo By スポニチ

 ボクシングのIBF世界スーパー・バンタム級挑戦者決定戦12回戦(現地時間16日、米国ロサンゼルス・マイクロソフトシアター)の前日計量が行われ、同級3位の岩佐亮佑(29=セレス)は55.2キロ、同級5位セサール・フアレス(27=メキシコ)はリミットの55.3キロでパスした。

 岩佐は昨年8月のV2戦でTJ・ドヘニー(アイルランド)に敗れて王座から陥落。今回が再起戦で、米国デビュー戦となる。16年11月には米国での挑戦者決定戦を予定しながら前日計量で対戦相手が体重超過したため、試合がキャンセルとなっていた。

 岩佐は自身のインスタグラムにフアレスとの写真を掲載し、「無事計量パス!明日は絶対かちますよ!」とコメントを寄せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月16日のニュース