村田撃破のブラント 11回TKOで初防衛成功 無敗の挑戦者に圧勝

[ 2019年2月16日 15:17 ]

ロブ・ブラント (AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦は15日、米国のミネソタ州で行われ、王者のロブ・ブラント(28=米国)が、挑戦者で同級8位のハサン・バイサングロフ(21=ロシア)を11回TKOで下し、昨年10月に村田諒太から奪った同王座の初防衛に成功した。

 ブラントはバイサングロフから2度のダウンを奪う圧勝。試合後には「王座を防衛するまでは真の王者とは言えないと思っていた。これでようやく王者になった気分だ」と話した。戦績は26戦25勝(17KO)1敗。バイサングロフは初黒星となり、18戦17勝(7KO)1敗。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月16日のニュース