井岡表彰される 記念品は自転車「持っていないのでうれしい」

[ 2011年3月8日 11:12 ]

堺市から贈られた自転車にまたがるWBCミニマム級新チャンピオンの井岡一翔

 堺市の竹山修身市長は8日、世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級の新チャンピオンとなった同市の井岡一翔(21)を表彰した。

 国内選手最短の7戦目で世界王座を獲得し「市民に夢と深い感動を与えるとともに堺市の名誉を高めた」ことが表彰理由。

 竹山市長から表彰状を受け取った井岡は「いろんな人の思いを支えにリングに上がってる。勝てて本当に良かった」と試合を振り返った。堺市は自転車製造の国内シェア約4割を占めることからスポーツタイプの自転車も贈られ「持っていないのでうれしい」とはにかみ、早速またがった。

 市は2009年7月にも、プロデビューしたばかりの井岡にそれまでの活躍をたたえて栄誉賞を贈っており、表彰は2度目。

 井岡はかつてミニマム、ライトフライの世界2階級を制した井岡弘樹氏のおい。将来的には日本人初の4階級制覇を狙うという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月8日のニュース