練習見学 実は…ヨネクラジム 80万円盗まれる

[ 2011年3月8日 13:11 ]

 多くの世界チャンピオンを輩出した「ヨネクラボクシングジム」(東京都豊島区)で今月3日、練習時間中に米倉健司会長(76)が現金約80万円を盗まれる被害に遭っていたことが8日、警視庁目白署への取材で分かった。同署が窃盗容疑で調べている。

 同署によると、3日午後5時ごろ、約60人が練習していたジムに、30歳ぐらいの男が「おいがボクシングをしたいと言っているので見学させてほしい」と現れ、ジム内を4時間ほどうろついていたという。

 米倉会長が入り口付近に置いていた練習生の月謝など計約80万円が入ったアタッシェケースが無くなっており、この男が持ち出して立ち去る様子を所属選手が見ていたという。米倉会長が110番した。

 ジムは1963年設立。ガッツ石松氏や大橋秀行氏ら計5人の世界チャンピオンを生んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月8日のニュース