西岡、4・8防衛なら10月米国戦プラン浮上

[ 2011年3月8日 06:00 ]

 WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃(帝拳)が4月8日のV6戦をクリアした場合、10月に米国で防衛戦を行う計画が浮上した。

 帝拳ジムの本田会長が「亀海(喜寛)とか日本人が何人か一緒に出る興行を考えている」と明かした。また、元3階級制覇王者のモンティエル(メキシコ)が西岡への挑戦に意欲を示していることには「モンティエルはドネアに負けたばかりだし何試合かこなしてから」と動向を見守っていく。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月8日のニュース