日本人歴代王者初!下田、米国で初防衛戦へ

[ 2011年3月8日 06:00 ]

世界タイトル奪取後、初めてジムでの練習を行った下田

 プロボクシングのWBA世界スーパーバンタム級王者・下田昭文(26=帝拳)が、初防衛戦で米国進出することが7日、有力となった。WBAから同級1位リコ・ラモス(23=米国)と指名試合を行うよう指令が届き、リスク覚悟で敵地に乗り込むことを決断。日本人の歴代世界王者としては史上初となる米国本土での防衛戦で、本場に実力を知らしめる。

 ボクシング界にもイチロー、松井を目指す男が現れた。下田はこの日、東京・神楽坂の帝拳ジムでジムワークを再開。6月に予定される初防衛戦が、同級1位ラモスとの指名試合で敵地・米カリフォルニアで行われることが有力になり「これまで日本人がやってないことをやりたい。怖い部分もあるけど日本に引きこもってないで乗り越えたい」とフロンティア精神をにじませた。

 日本人の歴代世界王者が米国本土で防衛戦を行った例はなく、実現すれば史上初。ファイティング原田(笹崎)ら3人が海外で初防衛戦を行っているが、いずれも王座から陥落している。下田は敵地の逆風にさらされる上に、19戦全勝10KOを誇るラモスが相手。過酷なハードルとなる。

 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月8日のニュース