投手のスイングじゃない!中日・根尾昂が今季初安打 4回の第2打席で右前打 追加点呼び込む

[ 2023年9月18日 15:08 ]

セ・リーグ   中日-広島 ( 2023年9月18日    バンテリンD )

<中・広>4回、安打を放つ根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾昂投手(23)がプロ初勝利を目指し、今季初登板。4回の第2打席で今季初安打を放った。

 投手・根尾は立ち上がり、先頭・秋山を四球で歩かせたものの続く羽月を遊ゴロに打ち取ると、18年ドラフト1位同士である小園は中飛、堂林も中飛に抑え、立ち上がりを無失点でしのいだ。

 2回は内野ゴロ3本で簡単に3アウトを奪うと、3回は2死から秋山をこの日、最速タイの149キロ直球で見逃し三振。四球以外の走者を許さなかった。4回も無失点に抑えた。

 バットを握っては2点を先制した2回、なおも1死二塁の好機で打席が回って来たが遊飛に倒れた。

 それでも4回2死一塁の第2打席で2ボールからの3球目、外角直球を振り抜くと打球は右前へ抜け、今季初安打をマークした。

 昨季途中に投手転校した根尾は今季2軍で実戦経験を積み、23試合(うち先発は9試合)に登板し、防御率3・43、0勝7敗。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年9月18日のニュース