侍J小久保監督 気になる大谷起用法「基本的には投手。一番大事な試合に先発で」

[ 2017年1月2日 11:00 ]

さあWBCイヤー!侍ジャパンを指揮する小久保監督は軍配を手に意気込む
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの小久保裕紀監督(45)は、代表が常設化された13年の就任以来、WBCでの世界一奪回を最大の目標にチームをつくってきた。大会を目前に控えた覚悟とともに、大谷(日本ハム)の起用法や日本人メジャーリーガーの招集など率直な思いを聞いた。 (取材・倉橋憲史、川島毅洋)

 ――いよいよWBCイヤーを迎えた。

 「日に日に重圧がのしかかっている」

 ――15年11月のプレミア12で準決勝・韓国戦に敗れた悔しさがある。

 「以前は見ることができなかったが、今は批判的な記事も全部目を通している。負けたことで変わりました」

 ――4年間かけてチームを熟成してきた。

 「気をつけたのは、選手たちとのコミュニケーション。“あの監督の下ではやれない”と言われれば選手は集まらない。ほとんどの主力と食事に行ったし、壁 をつくらず本音で話をしてきた」

 ――チームへの手応えはあるか。

 「はい。同じメンバーが毎回集まり、選手間の遠慮はもうない。キャプテンは置かないと思う。各選手が“俺が引っ張らないと”という思いでやるのが一番強い。組織、チームは変わってきた」

 ――采配面について。

 「ぶれないのは方針であり、世界一を目指すことだが、そこに至る方法は変わる。ただ、代わりがいないポジションの選手は絶不調でも心中せざるを得ない。坂本の代わりはいない。腹をくくってやるしかない」

 ――昨夏に準決勝、決勝の舞台となるドジャースタジアムを訪れた。

 「03年に米国にリハビリに行った時に球場で2、3試合を見た。夏に行った時も、“ここに戻ってくる”とのイメージはできました。現役のときからイメージトレーニングをして、映像を描いている。(優勝する)イメージは毎晩しています。何が何でもこのメンバーで世界一になってやるという思いが強い」

 ――日本人メジャーリーガーの招集は。大会規定は未発表で、途中参戦ルールも入る見込みだが。

 「投手はメジャー選手の参加次第で編成が変わる。最終登録は2月6日。選ぼうと思う選手には、一日でも早く伝えてあげたい。条件付きの出場は、メジャーの選手を呼ぶためのルールだと思っているが、現実問題として、メジャーの選手は3月1日からしか出られない。ぶっつけ本番になる部分も、どう考えているのか話し合わないといけない。準決勝以降の入れ替えについては、ベンチにいる選手も含めて、誰もが(入れ替えに)納得する選手になるとは思うが、今のところは、解禁日(3月1日)に集まれる選手で、と考えている」

 ――大谷は打者として出場した11月の強化試合で存在感を発揮した。本番は。

 「日本人メジャー投手も含めて先発の頭数がそろえば、野手として使おうという考えもあるが、基本的には投手。一番大事なゲームの頭(=先発)と考えている。(WBC球についても)大谷に関して心配はしていない。抑えが決まれば一番いいが過去のWBCの歴史を見ても、想定通りにいかない。準決勝、決勝で先発投手を抑えに回すなどの臨機応変さは出てくる。勝つために最善の方法を選ぶ。一つ言えるのは、投手が試合をつくらないと。昨秋の強化試合のような乱打戦が(本番で)できるとは一切思っていない」

 ――強化試合では4試合とも中田が4番。本番も中田、筒香の並びか。

 「筒香か中田のどちらかです。強化試合での中田の4番は“簡 単には逃がさん”というメッセージ。シーズン中に、中田が“ゴウ(筒香)、え げつないですね”と話 したから、“負けるなよ”と言ったら“もう負けています”と。僕も現役時代に(当時監督の)王さんに“4番を代えてくれ”と言ったことがあったけど、代えてくれなかった。所属チームと、日本代表チームの違いはあるが、逃げないことを学んだ。本人も筒香の活躍で4番じゃないだろうと思っただろうが、6番なら打つのは分かっているから」

 ――捕手は強化試合で嶋、大野、小林を起用した。また、二塁手の山田と菊池の併用への考えは。

 「捕手は嶋を軸で考えるが、レギュラーは決めない。3回や4回に代打を送り、次の捕手、となるかな。(選手選考では)野球に対する取り組む姿など、チームにいい影響を及ぼす選手を入れる。試合に出ても、出ていなくても、そういうことが変わらない選手を呼ぶ。二塁は、強化試合が終わった時点で山田のサードのオプション(選択肢)は外そうと決めた。山田にも“安心して”と言っておいてください。三塁の松田のオプションは菊池。本人にも伝えるよ」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月2日のニュース