小林宏の人的補償 FA移籍の藤井彰らも名簿の対象に

[ 2011年1月24日 19:44 ]

 阪神の沼沢正二球団本部長は24日、ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使して入団を表明した小林宏投手の人的補償のプロテクト名簿(外国人選手を除く28人)について、昨年11月17日のFA宣言選手公示以降に獲得した戦力も対象になることを明らかにした。名簿提出を待つロッテはリストから外れた選手を1人獲得できる。

 日本野球機構(NPB)の見解によると、楽天からFAで加入した藤井彰人捕手や、昨年末に中日からトレードで入団した新井良太内野手らも該当することが分かった。沼沢球団本部長は「対象となるか問い合わせていた。対象が増えたのは痛い。あと数人のところで調整がついていない」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年1月24日のニュース