NPB審判部 長時間の抗議防止へビデオ判定フル活用

[ 2011年1月24日 18:39 ]

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)の審判部は24日、東京都内で会議を開き、本塁打性の打球判定に疑問が生じた場合は、ちゅうちょせずにビデオ判定を活用していくことを確認した。

 昨季、ビデオ判定を行わなかったことで受けた長時間の抗議を防ぐことが主な目的。井野修審判部長は「審判員はビデオ判定をすることにためらいがあるが、これからは勇気を持ってビデオを見ていきましょうと申し合わせた」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年1月24日のニュース