PR:

新大関照ノ富士は西に 宝富士が新小結

大相撲名古屋場所の新番付を手にする新大関の照ノ富士

 日本相撲協会は29日、大相撲名古屋場所(7月12日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、5月の夏場所で初優勝し、平成生まれで初の大関となった照ノ富士が西に座った。10場所ぶりの4大関で、東の正位は稀勢の里。5度目のかど番となる琴奨菊も東で、豪栄道は西に就いた。

 新三役は東小結の宝富士で、相撲どころの青森県からは2006年九州場所の安美錦以来、戦後23人目の小結。関脇は東が6場所ぶりに戻った栃煌山で、西は3場所ぶりに復帰した逸ノ城。西小結は妙義龍が務める。

 横綱陣は白鵬が9場所連続の東正位で、横綱在位48場所は曙と並んで史上5位。西は日馬富士で、左肩のけがのため春場所から2場所連続全休した鶴竜は東。

 新入幕は英乃海と青狼。英乃海は日大出身として13年秋場所の遠藤以来32人目、青狼はモンゴル出身として23人目の幕内力士となった。時天空、千代大龍、鏡桜、里山が再入幕した。

 新十両は学生相撲出身の2人。御嶽海は東洋大から幕下10枚目格付け出しデビューし、所要2場所で昇進した。拓大から初土俵を踏んだ高木改め高立は所要8場所で、年6場所制となった1958年以降初土俵(幕下付け出しを除く)で5位のスピード出世となった。徳真鵬が再十両。

[ 2015年6月29日 10:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月23日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画