PR:

宮里美香「いい経験」今季最高2位!猛追6バーディーで一時は首位も

最終日に6バーディーを奪って2位に入った宮里美香(AP)

 米女子ゴルフツアーのアーカンソー選手権は28日(日本時間29日)、米アーカンソー州ロジャーズのピナクルCC(6374ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、首位と4打差の4位から出た宮里美香(25=NTTぷらら)は6バーディー、1ダブルボギーの67をマークし、通算13アンダーで首位と2打差の単独2位に入った。69で回ったチェ・ナヨン(27=韓国)が通算15アンダーで今季2勝目を挙げた。

 美香は3番、5番、8番と前半に3つのバーディーを奪うと、10番もバーディーとし、チェ・ナヨンらと並んで首位に立った。しかし13番パー4で痛恨のダブルボギー。それでも16、17番で連続バーディーを奪ってスコアを戻し、13アンダーでフィニッシュ。2012年のセーフウェー・クラシック以来3年ぶりとなる米ツアー2勝目は逃したが、今季最高の2位と大健闘を見せた。

 有村智恵(27=日本ヒューレット・パッカード)は73と振るわず通算6アンダーで29位。横峯さくら(29=エプソン)は5アンダーで37位、野村敏京(22=フリー)は4アンダーで43位だった。

 ▼宮里美香の話 ステーシー(ルイス)とバーディー合戦になっていて、追いついていこうという気持ちでラウンドしていた。ショットにも自信を持てたし、本当にいい経験ができた。

[ 2015年6月29日 09:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画