PR:

日本が5年ぶりV!6区・萩原がケニアを逆転 国際千葉駅伝

 国際千葉駅伝は24日、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場発着の6区間、42・195キロに11カ国13チームが参加して行われ、日本が2時間5分53秒で5年ぶりに優勝した。男女混合チームで争う形式になった2007年以降では3度目の制覇。4連覇を狙ったケニアは2位で、日本学生選抜は3位だった。

 日本は1区で村山謙太(駒大)が8位と出遅れたが、2区の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が区間賞を奪い、先頭争いに持ち込んだ。5区で後方から追い上げてきたケニアにトップを奪われたが大石港与(トヨタ自動車)が食らい付き、最終6区の萩原歩美(ユニクロ)が区間トップの走りで逆転した。

[ 2014年11月24日 17:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月15日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画